• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

アクリルヘッドライト加工方法(第5回)

アクリル板をDIYでブラスト加工風に処理して光らせる方法

ブラスト加工とサンドペーパー磨き加工

アクリルヘッドライト加工の、意外と知らないつまずきポイント。それは「透明アクリル板は、そのままでは光らない」問題。透明のアクリル板は、ブラスト加工で面発光が叶うのだ。そこでサンドペーパーでアクリル板を手磨き。透明・ブラスト加工・手磨きアクリル板それぞれにLEDを当てて、光具合も実際に検証してみた。

  • 森田

    アクリル板にもいろいろな種類がありますが、透明のアクリル板はそのままでは光りません。

    ●アドバイザー:球屋 森田研究員

  • イルミ

    アクリル×LED=面発光というイメージがありますが……

    ●レポーター:イルミちゃん

  • 森田

    透明のアクリルの場合は、そのままで光るのは断面だけですね。

  • 透明のアクリル板

    透明アクリル板

    LEDを当てても面発光せず

    透明アクリル板にLEDを照射
  • イルミ

    ぜんっぜん面発光じゃないですねぇ。

  • 森田

    面発光させるために、アクリル表面に細かい傷を付けるのがブラスト加工ですね。 透明にブラスト加工を施すと、こうなります(↓)。

  • 透明アクリルをブラスト加工

    透明アクリルをブラスト加工したもの

    LEDを当てるとキレイに面発光!

    アクリルが面発光
  • 森田

    乳白色のアクリルを使うよりも、透明アクリルをブラスト加工したほうがキレイに面発光するので、球屋ではこれをメインに使っているわけですが……、

  • イルミ

    どうやっているんですか?

  • 森田

    球屋の普段の加工では、レーザー加工機でアクリルを切り出すときに、同時にレーザーでブラスト加工を施しているんですね。

  • レーザー加工機なら、カットと同時にブラスト処理できる

    レーザー加工機によるブラスト処理
    ブラスト加工済みの透明アクリル
  • イルミ

    しかし、DIYでライト加工するにしても、レーザー加工機なんてないのが前提です。

  • 森田

    サンドブラストをかけるという手もありますが、それも一般的なDIYユーザーが持っている設備ではないので。

  • イルミ

    DIYでアクリルLED加工をしようとすると、「カット」と同様に、「ブラスト加工」をどうするか? という問題にもぶつかるわけか。

  • 森田

    DIYユーザーのアクリル面発光で乳白色アクリルを使う人が多いのは、案外こういうところにも理由があるかも知れません。

  • イルミ

    でも球屋の加工は乳白色アクリルではなく、透明アクリルのブラスト加工なんですよね?

  • 森田

    そうですね。乳白色アクリルだと光が弱まってしまいますから、メイン素材としては使わないですね。

  • イルミ

    DIYの場合、大量に処理する必要はないのだから、多少手間はかかってもブラスト加工できるやり方があればいいのですが…?

  • 森田

    それなら、まあ、表面に傷を付ければいいわけですから、地味にペーパーで磨くという手はありますよ。

  • イルミ

    では!
    それもやって見せてもらわなくちゃ。

240番位のサンドペーパーでアクリル表面を磨く

この記事の実践アドバイザー

球屋の田中さん

球屋・田中宏信サン。森田研究員に輪をかけたドM。働き者。

DIY Laboアドバイザー:森田広樹
LED加工専門店・球屋代表。アクリルづかいを筆頭に、最先端のライト加工技の探求者。実際にお客さんの10台中9台はアクリル加工をする、というほどのエキスパートだ。派手さよりも「完成度と質感」を重視。デザイン性の高さでも全国屈指。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP