• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

アクリルヘッドライト加工方法(第3回)

アクリル埋め込み加工╱デザインのコツ

アクリルフィンを埋め込んだヘッドライト

ヘッドライトにアクリルを仕込む方法の続き。最も目を引くポイントになるアクリルは、ただ埋め込めばいいのではなく、完成度が肝心。今回は前回作ったマスキングテープ活用の型紙を元に、アクリルを配置するデザインを考察していく。

  • イルミ

    前回、モデルヘッドライト・86(ハチロク)のインナーの型取りの元ができました。

    ●レポーター:イルミちゃん

  • 森田

    次は、型取りに使ったマスキングテープをボール紙に貼ります。

    ●アドバイザー:球屋 森田研究員

  • 型取りの元になるマスキングテープをボール紙に貼った

    ペタリ

  • 森田

    そしてインナーのフチの線に沿って、ハサミを入れます。

  • まずはザックリ切り出してから……

    型取りラインに沿って大まかに切る

    厳密なラインでカットするとよい

    型取りしたライン通りに切る
    ボール紙を切り出した型紙完成
  • イルミ

    これでインナーの型取りができたわけですが……、

  • 森田

    今回はヘッドライトインナー側面に、フィン状のアクリルを数本並べて埋め込もうと思います。なのでこの「面」のまま、アクリルを切り出すわけではありません。

  • イルミ

    球屋・得意のアクリルフィン埋め込みですね〜。

  • こんな風にフィン状のアクリルを埋め込むイメージ

    インナー側面にアクリルフィンを埋め込んだヘッドライト
  • 森田

    というわけで、アクリルフィンの「幅」と「間隔」を決めます。

  • 定規を使って、アクリルの幅と間隔を決める

    型紙と定規
  • 森田

    何本のフィンを、どの位の幅と間隔で入れるかは、デザインの好みの問題ですが……、

  • イルミ

    フムフム。

  • 森田

    ただ、少なくともアクリルとアクリルの間隔は、均等になっていないと美しくないと思います。

  • 今回はこんな風に5本配置してみた!

    アクリルフィンの配置を型紙に記入
  • 森田

    パッと見のバランスで、上の図のようにアクリルフィンを5本入れようと思います。前回、印しておいた純正のプラスラインと角度も揃えながらね。

  • イルミ

    サクっと決めましたが、ナゼ5本っ!?

  • 森田

    そこは好みとスペースの問題で。今回の場所だと、3本位では太くなりすぎてボテっとしそう。反対に7本も入れようとすると、1本あたりが細くなりすぎるかな、と。

  • イルミ

    なるほど。
    わかる気がします。

  • 森田

    とはいえ、何が正解というのはないですよね。球屋のワンオフ加工では、このへんは基本的にオーナーさんの好みに沿って作ります。

  • イルミ

    ……そういえば球屋にアクリルLED加工を頼む人は、どういう風に決めているんだろう?

  • 森田

    そら もう。
    メールで何度もやりとりしたりしますよ。

  • イルミ

    やっぱりそうなんだ!

  • 森田

    例えば「ライト横にアクリルフィンを何本入れたい」と、要望があったとします。それを僕らが、こんな風に型取りの段階で試してみるわけです。

  • イルミ

    まだ、仮の段階ですもんね。

  • 森田

    狭いスペースに本数を多く入れようして、あまりにも1本1本が細くなりすぎるようなら、もうちょっと本数を減らしたほうがいいかも知れません、という風にこちらからも打診したり。

  • イルミ

    そうやって細かくデザインを決めていくのか〜。大変だな〜。

  • 森田

    そうなんですが、ワンオフ加工だからこそ、こういうところにこだわらないと……と思うんですよ。

  • イルミ

    うん。
    悩ましいけど、ココは楽しい作業ですね。

ボール紙を切る

最終的なデザインを決める

デザインを決めたら型紙を取る

この記事の実践アドバイザー

球屋の田中さん

球屋・田中宏信サン。森田研究員に輪をかけたドM。働き者。

DIY Laboアドバイザー:森田広樹
LED加工専門店・球屋代表。アクリルづかいを筆頭に、最先端のライト加工技の探求者。実際にお客さんの10台中9台はアクリル加工をする、というほどのエキスパートだ。派手さよりも「完成度と質感」を重視。デザイン性の高さでも全国屈指。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP