• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電装DIYのきほん

5050 3チップLED(SMD)をハンダ付けするコツ

専用基板にハンダ付けされた5050 3チップLED

5050は、3チップ搭載が特徴のLED。メリットは、最強クラスに明るいこと。しかし片側3つずつ電極があるため、1個で6か所もハンダ付けが必要だ。自作でもよく使われる定番チップLED・5050の半田付けのコツをプロに聞いた。

5050は3チップなだけにハンダ付けが細かいのが難点

基板は「5050専用基板」を用意。コテ先は細く

5050の付け方

チップLEDの極性(向き)を確認しておく

基板側に予備ハンダを1点盛り

まずは1か所だけで5050チップLEDを固定

5050の6つの足が、キレイに載っているか確認

狭い電極(足)をハンダ付けする時のコツ

イルミスタ 野本貴之

DIY Laboアドバイザー:野本貴之
光ドレスアップの専門店・イルミスタ店長。LED加工や打ち替え、アンダーLEDを得意とする特殊なプロショップ。仕事ぶりは極めて職人気質で丁寧。部品のみの販売も行っている。●イルミスタ 住所:埼玉県三郷市上彦名540-3 営業時間12:00〜21:00 月曜定休(祝日の場合翌日)

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP