• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

LED自作のきほん

チップLEDを上手にハンダ付けするコツ

はじめてチップLEDをハンダ付けする人のための入門記事。砲弾型やフラックスに比べると難しそうなイメージがあるが、1608のような極小チップはともかく、マトの大きい5630などを使えばやりやすい。まずは大型チップから練習するのがよい。

ここではハンダ付けしやすい大型のワンチップLED「5630」を例に説明していきますね。

アドバイザー:イルミスタ・野本研究員

付け方

チップLEDの向き(極性)を確認する

向きは毎回パッケージで確認する。

コツは先に予備ハンダを盛ること

電極にしっかり熱を加えながらハンダをあてる

こんな感じで電極の片側にだけハンダを盛る

5630だけは例外的に放熱用シリコングリスを使う

この作業シーンは5630のみの例外です。

放熱用シリコンを用意する

野本

エルパラでも販売されているシリコングリス HC-171というアイテムを使っています。

つまようじで真ん中の四角に塗りつける

いよいよチップLEDハンダ付けの極意

横方向からチップLEDを近づけて…

山に当てた状態でハンダを溶かすと吸い付く

まだ片側ですが、LEDは固定できました。次のページで反対側をハンダ付けします。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP