• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

クルマを便利にする電装DIY


純正風のスイッチで
自由にオンオフできるフットライトの作り方(後編)

前編は、空きスイッチパネルにスイッチを付けるところまで。ここから配線作業です。

スイッチの3本線を確認

スイッチから出ている3本線をつなぐ相手は、通常の付け方では「黄色」が電源、「赤」がLED、「黒」がアースです。

今回はスイッチを常時照光させる配線方法です。

「黄色」に延長コードを付ける

黄色は電源線ですので、ヒューズボックスまで届く長さの延長コードを用意します。スイッチ側の線が細線なので、延長コードも0.2スケアを使い、「接続コネクター」などを使ってつなぎます。

0.2スケアの細線にギボシ端子は使えない! ココは注意しましょう。

「赤」に延長コードを付ける

赤は最終的にはLEDにつながりますが、左右のフットライトLEDに振り分けるために「分岐ターミナル」を使いますので、コレを運転席と助手席の間に置くとして、そこまで届くぐらいの延長コードをつなぎます。

ここも0.2スケアの細線を使って延長していきます。

「黒」に延長コードを付ける

黒はボディアースすればいいのですが、今回はどのみち分岐ターミナルからもボディアースへつなぐので、そのアース線の途中に割り込ませればラクできます。

黒の延長コードも、細線0.2スケアを使うので「クワ型端子」は付きません。この点にも注意ですね。

3本とも延長コードをつなげたので、それぞれの先をどうするのかを、次ページで解説していきます。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP