• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電源取り出し方法

イルミ電源をスイッチ裏から取り出す方法

イルミ電源とはスモールランプ(ポジションランプ)オンで電気が流れる電源のこと。ここからLEDの電源を取ればスモール連動で光る。
 つまりスモールランプの配線から直接電源を取る方法と同じことだが、それを室内側で出来るのがイルミ電源を取り出すメリット。
 セオリーとしてはオーディオデッキ裏から取り出すことが多いが、最近の車はスモールオンにしたときにスイッチのマークが自光することも多く、そういう車種は、わざわざデッキを外さなくてもスイッチ裏からイルミ電源が取り出せる可能性が高い。

取り方

今回はスイッチ裏から
取る方法を解説します

アドバイザー:エーモン・ジュニア研究員

スモールオンで光るスイッチを探す

まずスモール(ポジション)ランプをオンにしてみましょう。この段階で電気が流れるのがイルミ電源です。デッキ裏などで取り出すのが定番ではありますが…

もしもスモールオンに連動して光るようなスイッチがあれば、その裏にイルミ電源線が来ているということになります。その場合はこのウラから取れる可能性が高い。

スイッチ周りのパネルを外す

光る純正スイッチが確認できたら、ウラ側にアクセスするためにスイッチ周辺のパネルを外します。車種によっては、下部にこのようにネジなどがあったりします。これはデイズの例。

ネジ類を取ったら、あとはパネル全体を手でつかんで引っ張ればピンが抜けます。車種によってはキックパネルやステップなどを先にバラす必要のあるケースもあります。

スイッチ裏には当然ながらいろいろな純正配線がつながっていますので、カプラーを抜きます。

検電テスターを用意する

電気の通電状態を調べるために「検電テスター」が必要です。エーモン製の検電テスターには種類がありますが、プラス電源の通電を調べるだけなら安価な「検電テスター(A49)」で十分です。それに対してブザー音で確認できたり、極性確認できるのが「1569」になります。

検電テスターをアース接続する

検電テスターのクリップ側を車体金属部にかませてアース接続します。これを忘れると何をやってもテスターは反応しませんよ。

検電テスターがきちんと動作しているか怪しい! そんなときはアースポイントを変えてみます。

イルミ電源線を探す

スモールオンで光るスイッチ裏につながる配線が当然ながら一番怪しい。オモテ側の配置と見比べながら、目的のスイッチへつながるカプラーを見つけます。テスターを当てたいのでカプラーはいったん抜きます。

とはいえこの配線カプラーにも数本の線がつながっていますので、見ただけではどれがイルミ電源か分かりません。検電テスターをカプラーの電極に当てて調べます。まずはスモールオフの状態からです。

スモールオフで反応する線は常時電源等なのでパスします。

スモールオフの状態では光らなかった線を確認したのち、次にスモールランプをオンにします。最初にオンの状態を調べてからオフ時を調べる、でもいいですけどね。

スモールオンに連動してテスターが反応する線が、イルミ電源線ということです。見つけたらオフで消灯することを再確認します。

スモールランプのオンオフに連動するのがイルミ電源線です。

配線を分岐して取り出す

純正のイルミ電源線を、配線コネクターのミゾ(貫通している側)にかませます

あとはプライヤーでフタを閉じるだけ。配線コネクターのもう一方のミゾ(ストッパーがある側)にはあらかじめ分岐用の配線コード(0.2スケア)を付けておきます。

こうやって取り出した線を例えばLEDのプラスにつなぐと、スモール連動のLEDになるわけですね

純正配線を分岐させて電源を取り出すときは「配線コネクター」というアイテムを使いますが、線の太さによって種類が異なる点に注意しましょう。

エーモンの配線コネクターは「白」が細線用。イルミ電源線は傾向として細線が使われていることが多いので、「白」を使うことが多い。この場合、取り出し用のコードも細線である必要があるため、0.2スケアを使う。

イルミ電源線はデッキ裏などから取り出すこともできますが、今回の方法のほうがラクかも知れません。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP