• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電源取り出し方法

ACC電源をヒューズから取り出す方法

ACC電源とはキーをACCオンにした段階で電気が流れる電源のこと。エンジンオフ時には電気が遮断されるので、LEDをはじめ電装品の取り付けでは重宝するわけだ。取り出し方法としては、ヒューズから取るのが一番初心者向き。

ACC電源の探し方

ここではヒューズから
取る方法を解説します

アドバイザー:エーモン・ジュニア研究員

室内のヒューズボックスを見つける

ヒューズボックスの位置は車種によりますが、運転席や助手席の足元奥(Aピラー根元付近)、助手席グローブボックス裏などが定番です。説明書にも記載があるはずです。

検電テスターを用意する

電気の通電状態を調べるために「検電テスター」が必要です。ちなみにエーモン製の検電テスターには種類がありますが、プラス電源の通電を調べるだけなら安価な「検電テスター(A49)」で十分です。それに対してブザー音で確認できたり、極性確認できるのが「1569」になります。

検電テスターをアース接続する

検電テスターのクリップを車体金属部につなげてアース接続します。ヒューズボックスが足元にあるとしたら、近い場所でドアのヒンジ部などがいいでしょう。

検電テスターがきちんと動作しているか怪しい!  そんなときはアースポイントを変えてみます。

ACC電源はエンジンオフでは無反応

ヒューズの金属が露出している部分にテスター先端をあてます。常時電源と違い、ACC電源はエンジンオフの状態だと電気が流れていないのでテスターも無反応です。

エンジンオフで反応するのは常時電源なのでパスします。

ACCオンで反応するヒューズを探す

スタートボタンを1回押しでACC電源(アクセサリー電源)が入ります。キーのクルマなら一段階ひねってACCオンにします。

ACCオンに連動して検電テスターが反応すれば、それがACC電源です。もういちどエンジンオフにしてみて、テスターの反応が消えることを確認しましょう。

ACCオン時を含めて常時電源は常に反応します。つまりエンジンオフで反応が消えるかどうかが決め手!

スタートボタンを2回押しするとイグニッションオン電源が入るが、この段階ではじめて電気が流れるのがイグニッションオン電源。IG電源などとも表記されたりする。

ACC電源がなければ、イグニッションオン電源を電装品に使ってもOKです。エンジンオフで電源が切れるという点は同じだからです。

次のページでは、見つかったACC電源を取り出します

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP