• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電源取り出し方法

ドア連動線の取り方

LEDなどの電装品を「ドア開閉連動」にしたいときに必要になるのがドア連動線。「ルームランプ連動」だと全ドアに反応してしまうが、ドア連動線を利用すれば、「各ドア連動」にすることも可能だ。

取り方

ドア連動線はドアスイッチ裏で取ります。

アドバイザー:エーモン・ジュニア研究員

ドアスイッチを確認

ドアの開閉を検知するために、ドアを閉めたときに押されるスイッチが純正で付いているので、まずはその位置を確認しましょう。普通はBピラーのところです。

Bピラーの内張りを外す準備

外したいのはBピラーの内張りなんですが、前後のステップパネルがBピラー根元に上からかぶさっている場合は、まずステップを先に外します。

後席側のステップも外します。ステップはピンのハメコミ固定なので、手で引っ張ることで外せます。

Bピラーの内張りを外す

Bピラーの内張りは完全に外れなくても大丈夫です。下部のパネルだけ浮かせることができれば、ドアスイッチ裏にはアクセスできることが多いと思います。

スイッチ裏の純正配線を探す

純正のドアスイッチ裏に、こんな感じで純正配線があると思います。これはドアを閉めたときだけアースが落ちる仕組みになっている線です。

配線コードを露出させる

ドアスイッチ裏にカプラーでつながっている場合はまずカプラーを抜きます。配線を分岐させたいのですが、保護のビニールがジャマなので…

ハサミなどを使って純正のビニールに少しだけ切れ込みを入れます。中の配線コードが見えるようにしましょう。

配線を分岐させる

純正のドア連動線を、配線コネクターのミゾ(貫通している側)にかませます

あとはプライヤーでフタを閉じるだけ。配線コネクターのもう一方のミゾ(ストッパーがある側)にはあらかじめ分岐用の配線コード(0.2スケア)を付けておきます。

ドア連動線はほとんど場合、マイナス線です。LEDをドア連動にする場合は、この連動線をLEDのマイナスとつなぐわけですね。

純正配線を分岐させて電源を取り出すときは「配線コネクター」というアイテムを使いますが、線の太さによって種類が異なる点に注意しましょう。

エーモンの配線コネクターは「白」が細線用。ドア連動線が細線だったら白を使う。この場合、取り出し用の配線コードも細線である必要があるため、0.2スケアを使う。

一部の車種を除けばドア連動線はマイナスなので、電源としては使えませんよ〜。この点は注意ですね。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP