• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

LED自作コラム


ラゲッジルーム照明のLED化はLED自作の入門編としても最適

ラゲッジルーム用のLED基板は
少ないLED数で作れるから短時間でできるのもメリット

  • ラゲッジルームの照明は純正だと暗いことが多いので、実用性アップという面でもLED化するのがオススメ。

    ●アドバイザー:エルパラ 平川研究員

  • 内装のLED化というとルームランプのイメージがありますが、ラゲッジルームの場合はどうやって作ればいいんですか?

    ●レポーター:イルミちゃん

  • やり方は同じですが、ラゲッジルーム照明は純正の灯体ユニット自体が小さいので、LED化するにしてもあまり大きな基板は入りません。

  • たしかに。
    ルームランプよりずっと小さいですよね。

  • LEDには砲弾型・フラックス・チップLED(SMDチップ)などいろいろありますが、少ない面積で明るさを稼ぐならやっぱりチップLEDに限ります。

  • なるほど。でもチップLEDにもいろいろ種類がありますよね。どれを使えばいいのかな。

  • 明るさ重視でいくなら3チップ搭載の「5050」。ワンチップでそこそこ明るくて色の種類が豊富なのは「3528」。今作るならこの2種類のどちらかがオススメです。

2つの自作レシピを公開中。
それぞれ使う基板が専用基板なので 各部品を定位置にハンダ付けするだけ!

アドバイザー:エルパラ・平川研究員

ラゲッジルーム照明自作レシピ♯001

5050チップLEDでラゲッジ照明をLED化

とにかく明るさがほしい!という場合は3チップ搭載の5050を使うのが最強です。1個に3チップなので6LEDでも18チップ相当の明るさが得られます。

ラゲッジルーム照明自作レシピ♯002

3528チップLEDでラゲッジ照明をLED化

3528はワンチップの中では大きめのチップLEDなので、ハンダ付けが一番やりやすい。初心者にオススメのコースです。これでも十分明るいですよ。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP