• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

ラゲッジランプLED自作レシピ


5050チップLEDを使って
ラゲッジルーム用LEDを自作する

チップLEDの中でも1個あたりに3チップを搭載していて一番明るいのが5050。これを使ってラゲッジルーム用LEDを作るための基板が「5050 6LED基板」です。

アドバイザー:エルパラ・平川研究員

1個の中に発光体が3つ乗っている5050。明るさ重視の場面でよく登場する定番LED。

  • illumi-i-02

    ずいぶんと小さい基板ですね。どこに使う気ですか?

    ●レポーター:イルミちゃん

  • hirakawa-i-06

    サイズは13×27ミリで、ラゲッジルームランプ、カーテシランプ、ナンバー灯など、スペースの狭い場所専用です。「基板スペースが小さいけど明るさを稼ぎたい」という時に最適なんです。

  • illumi-i-01

    ラゲッジルームランプは小さいですもんね。

  • hirakawa-i-07

    小さくても、5050が6個も集まれば十分明るくなります。チップの数でいうと1個あたりに3チップですので、18チップ分の明るさですからね。

  • illumi-i-05

    そっか。6LEDでも18チップ分の明るさなんだ。そういう意味では、5050はラゲッジ照明にも向いているLEDなんですね〜。

  • hirakawa-i-03

    まぁ、そのぶんだけハンダ付けの回数は多いですけどね(笑)

  • illumi-i-08

    ……ははは(汗)

というわけで次は自作に必要な部品一式を紹介します。キットとしても販売されていますよ。

5050 3チップ 6LED
ラゲッジルームランプキット

必要な部品一式をセットにした自作キットも、LED通販「エルパラ」で販売中。

●部品リスト

  • 5050 3チップLED 白色
    LP-5060H252W-3
    :×6
  • 5050 6LED基板 13×27mm :×1
  • チップ抵抗 1/4w 270Ω:×6
  • ショットキーダイオード SS14:×1
  • T10電源取り出しコネクター:×1

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP