• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

LED自作のきほん

パワーLEDは普通のLEDとどう違う? パワーLED自作のきほん

LED自作の世界では、敷居が高いイメージのパワーLED。でもだからこそ「使ってみたい!」気にもなる。まずは普通のLEDとの違いを知ることが、パワーLED攻略の第一歩。

出力1W以上=パワーLEDと呼ぶのが一般的

LED自作に使うなら「基板付き」を選ぶ

これなら配線コードを普通にハンダ付けできる。

パワーLED自作のポイントは「放熱」にあり

CREEパワーLEDの売れ筋モデル

いずれも基板付きモデルがエルパラで販売されているCREEのパワーLED。左から、「XP-L」「XM-L2」「XP-G」「XB-D」

一番売れているのはXB-D

パワーLEDは抵抗ではなくドライバーを使うのが一般的

パワーLED用ドライバーは種類がどんどん増加中

写真は350ミリアンペアの定電流を流すタイプ。1WのパワーLEDを直列2個まで点灯できる。

パワーLEDでも2個、3個と直列に組むのはアリ?

パワーLEDを3個直列光らせることが可能

1WパワーLEDを3個直列点灯可能な、「PowerLED Driver OSMR16-W1231」。値段も安く、ドライバーの売れ筋モデル。

ドライバーの種類が増えて、パワーLEDもかなり遊べるようになってきました☆

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP