• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

LED自作のきほん

LEDの種類と選び方

2本足の「砲弾型」、4本足の「フラックス」、四角い「チップLED」の違いは? プロのLED加工者にその使い分けのコツを教わった。

作りたいパーツによって、最適なLEDは変わりますよ。

アドバイザー:イルミスタ・野本研究員

発光効率が高いのはチップLEDだが、車のLED加工はそれだけでは語れない

2本足の砲弾型や帽子型はデザイン重視で作りやすい

左から10ミリ砲弾、8ミリ砲弾、5ミリ砲弾、帽子型、5ミリの2チップ砲弾、3ミリ砲弾。加工する際にレンズとの隙間が少ない場合は、砲弾型より帽子型のほうが高さを抑えられる。

フラックス(4本足)の強みは明るさ

フラックスは大電流を流せる=明るい

左からドーム状フラックス(照射がよりワイド)、5ミリフラックス、雷神。

チップLEDは高性能だが基板が限られる

基板の種類が多いチップLEDは、3528や5050

チップLEDはサイズがいろいろあるが、定番は5050と3528。

DIY Laboアドバイザー:野本貴之
光ドレスアップの専門店・イルミスタ店長。LED加工や打ち替え、アンダーLEDを得意とする特殊なプロショップ。仕事ぶりは極めて職人気質で丁寧。部品のみの販売も行っている。●イルミスタ 住所:埼玉県三郷市上彦名540-3 営業時間12:00~21:00 月曜定休(祝日の場合翌日)

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP