• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

LED自作コラム


LEDルームランプの自作ではどんなLEDを使うのがオススメ?

ルームランプはLED自作メニューの中でも超定番ですが、LEDにどれを使えばいいか、迷いませんか?

  • 今どきは発光効率や明るさの面からチップLED(SMDチップ)を使うのが王道になっていますよね。

    ●アドバイザー:エルパラ 平川研究員

  • そう言えば、あれほど活躍したフラックスもあまり使わなくなってきてますよね。

    ●レポーター:イルミちゃん

  • チップLEDは明るい上に高さを抑えられるのもメリット。ルームランプは車種によっては灯体が薄っぺらくて、フラックスだと入らなかったりする場合もあります。

  • そっか。チップLEDって薄っぺらくて明るいからルームランプに向いているのか。

  • そうなんですよね。

  • でもチップLEDといってもいろいろ種類がありますけど?

  • 現時点(2015年8月)でのオススメはと言われたら、僕は5630を推します。

  • そこはキッパリ言い切る平川研究員ですが、なんでですか?

  • まず明るさ。それと高演色であること。さらにトラブルがほとんど聞かれない。非常にバランスが取れています。

5630は1個あたり0.5Wもあって明るい。最近話題の高演色LEDでもあります。

色で個性を出すなら3528がイチオシですよ。ドレスアップに向いています。

  • ただし……最近は3528も薄型化の傾向にあって、以前ほどハンダ付けしやすいLEDではなくなってきていますが(苦笑)。

  • ……それ、ちょっとショック。

  • いっぽうでは3528にも超高演色版なんていうのが出始めてきたので、その点では5630の今の優位性がいつまで保たれるかは分かりません。

  • ……そっか。LEDの最新事情はどんどん変わるから、LED自作のオススメも変わるのか。これからも定期的にLED事情をレポートしていかなくては!

…というわけで、好みが分かれるところなので、DIYラボでは3つの自作レシピを公開中なんですね。

アドバイザー:エルパラ・平川研究員

LEDルームランプ自作レシピ♯001

5630チップLEDで高演色ルームランプを自作する

明るくて演色性の高い、実用的なルームランプを作りたいならこのコースがイチオシです。LED数は6個でも十分明るい!

LEDルームランプ自作レシピ♯002

3528チップLEDで個性的なルームランプを自作する

3528のほうが小さいのでLED搭載数は増やせます。ワンチップLEDなのでハンダ付けも比較的やりやすい。

LEDルームランプ自作レシピ♯003

フラックスで作りたいならやっぱり雷神!

4本足のフラックスで明るいルームランプを作るなら雷神です。ただしチップLEDよりスペース的に高さが必要になります。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP