• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電源取り出し方法

ACC電源をナビ/オーディオ裏から取る方法

ACC電源の取り出し方法については「ACC電源をヒューズから取り出す方法」でも解説しているが、ACC電源はナビやオーディオ裏から取ることもできる。作業の手間は増えるが、ヒューズ電源がなくても取り出せるのが利点。

取り方

今回のモデル車»30プリウス

今回はナビやデッキ裏から取る方法を解説します

アドバイザー:エーモン ジュニア研究員

パネル類の取り外し作業

まずシフトまわりのパネルを外します。ピンの差し込みで固定されているので、ピンそばを手で引っ張って外す。工具などを使うと傷付くのて手作業で。

次はセンターコンソールに細長くかぶさったパネル。これもピンの差し込みなので、手で引っ張る。下方向から攻めて、最後に上を外します。

側面のパネルがいなくなったことで、オーディオの外側にいるパネルの左右に手を入れて引っ張り出すことが可能になります。

ステアリングとオーディオの間の、スタートボタン周りのパネルも外します。

オーディオパネルも外す。プリウスの場合は、ここまでまったく工具を使わずに手作業で分解が可能。

ナビを外す

ナビ(オーディオ)を車体に固定しているネジは4本あるのが定番。位置はステーの形状によります。4本とも全部外そう。

ナビ(オーディオ)をゆっくり手前に引き出す。ぶつけて周囲に傷を付けないように注意。

ナビ裏の配線は抜かずにそのままでいけるので、厚手の布などを用意してナビを一時的に置けるようにするといいです。

ACC電源線を探す

社外品のナビやデッキを付けているのであれば、裏でつながっているハーネスに「電源線の種類」が表記してあるのが普通。

こんな風に書いてあるので一目瞭然!

「ACCESSORY」はACC電源、「MAIN POWER」「BATTERY」などは常時電源。

「ILLUMINATION」はイルミ電源(スモール連動)♪

社外品のハーネスは色も決まっていて、赤=ACC電源、黄色=常時電源、オレンジ=イルミ電源が普通です

表記がなくて分からない場合は?

純正ナビの場合は表記もないし線色も決まってませんが、その場合は検電テスターで調べればOK。ひと手間増えるだけで、取れないわけではないです。

ギボシ端子接続されている部分に、裏から検電テスターを差し込んで端子に当てる。

ACCオンに連動して検電テスターが反応する線が「ACC電源線」ということになる。エンジンオフにして反応が消えることも確認しよう。

ハイブリッド車などで電源線を調べるときは、純正配線のカプラー等が抜けている状態で車両の電源を入れると「ハイブリッドシステムエラー」の警告が出てしまうことがあるので注意。

これを防ぐには、「電源を入れるときはカプラーが全部つながった状態にしておく」しかないです。検電テスターを使う=電源を入れる必要があるので、この点は特に注意なんですね。

純正配線を分岐させる

ACC電源線が分かったら、あとは分岐させるだけ!

分岐用の配線コネクターを使い、「ストッパーが付いていない貫通したミゾ」のほうに純正配線をかませる。

※ストッパーが付いている側のミゾは、後付け電装品につなぐための分岐線を入れる。

プライヤーを使って配線コネクターのフタを閉じる。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP