• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

電源取り出しコラム


車のヒューズから取れる電源容量。限界は何アンペア?

車のヒューズボックス

車のヒューズボックスは、比較的アクセスしやすい所にあり、電源の取り出し先として超定番。ここでの必要アイテムはヒューズ電源だ。まずはヒューズ電源の取り出し容量について解説。そこがわかると「限界アンペア数」が、理論的にわかる。

ヒューズから取り出せる電源のアンペア数は明確

前回はシガーソケットからの電源取り出し容量を解説しましたが……

イルミ

DIYラボ レポーター:イルミちゃん

今回はヒューズからの電源取り出しについてです

藤本

アドバイザー:DIYライフ 藤本研究員


ヒューズ電源は、おおもとのヒューズのアンペア数に対して、それよりも少ない、マージンを取った電源取り出し容量が設定されています

藤本

 エーモン製ヒューズ電源を使って取り出せる電流量

交換するヒューズのアンペア電源として取り出せる量
5アンペア3アンペア
7.5アンペア5アンペア
10アンペア5アンペア
15アンペア5アンペア
20アンペア以上10アンペア

ヒューズから取り出す電源量はどう決まっているのか?

純正回路はマージンがある。だから「その分はもらってもいいだろう」……というのがヒューズ電源の設計思想です

藤本

✔ ひとくちメモ

仮に合計15アンペアに達した場合、ヒューズ電源の根元側のヒューズが飛ぶ。つまり純正が想定している、15アンペア以上は流れないようになっている。15アンペアヒューズとしての基本的な役割は継承されているわけだ。

DIY Laboアドバイザー:藤本壮啓
某カー用品メーカーに長年勤務し、車業界にDIYを広めた伝説の広報マン。現在は独立して、DIY用品を扱うセレクトショップ「DIYライフ」を設立。単なる製品の宣伝トークではない、DIYユーザー側に立ったアドバイスが持ち味。通称「フジモン」。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP