• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

アッパーマウント加工でキャンバー角を付ける、とは?

アッパーマウント長穴加工

アッパーマウント加工とは、車高調の上(アッパー)側を加工して、キャンバー角を付けること。具体的には長穴加工をするのだが、その問題点とは? 車高調の下側を加工する「ブラケット加工」とどちらがいいかも解説する。なお、通常のアッパーマウント調整方法は、「車高調のアッパーマウントでキャンバー調整する方法」参照。

アッパーマウント長穴加工とは何か?

アッパーマウント長穴加工の問題点

ブラケット加工よりはアッパーマウント加工がよい?

ブッシュ式ならアッパーマウント加工の方が合理的?

DIY Laboアドバイザー:氏家淳哉
リアアクスルキットで有名なJ-LINE(Jライン)。足まわり加工に長けたプロショップでもあるので、直接クルマを持ち込めば様々なワンオフ加工も依頼できる。深い知識・高い溶接技術は比類ない。●J-LINE TEL 022-367-7534 住所:宮城県多賀城市町前1-1-13

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP