• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

クルマを便利にする電装DIY


USB電源ポートを
DIYで純正オプション風に埋め込む(後編)

リーマで穴を広げる加工

リーマを使ってドリルで開けた穴を少しだけ広げます。広げ過ぎたらユルくなってしまうので、少し削ってはUSBポートをあてて確認しましょう。

少しキツめの穴に、ぐぐっと押し込むぐらいがちょうどいいです。写真のように仮埋め込みできたら、削るのはそこで終了です!

リーマで穴を開けるときはグリグリ往復させずに、一方向に回転させながら削ります。

スペーサーを付けてハメコミ直す

いったんUSB電源ポートを抜き、付属のスペーサーをかませます。これは埋め込み面が湾曲しているときの隙間防止になるんです。

配線コードをカバー裏へと通しつつ、表側からUSBポートを穴に差し込みます。

見ての通り、キレイにUSBポート埋め込みができました!

今回のカバーも微妙にラウンドしているが、スペーサーの効果で隙間なく埋まった。

裏側からロックナットで固定する

製品にはロックナットも付いているので、これを裏側から配線コードに通してきて、USB電源ポートのネジ山に回し込みます。

ロックナットをクルクル回し込んでいくことで、USB電源ポートが固定され、スポっと抜けることはなくなります。だから外すときはこのロックナットを先に外さないと取れませんよ。

ロックナットは2個付いていますので、もう1回同じことを繰り返します。ダブルロックナットになっていることで、ロックナット自体の緩みを防止できるんですよ〜。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP