• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

ツライチコラム


ディープリム(深リム)にするために、知っておくべきこと。

ホイール選びの理由として「ディープリムだから」とか「深リムにホレて」などという人はとても多い。そんな深リム愛好家が知っておきたい知識をまとめました。

リムの太さ(J数)は必要だが、太さ=リムの深さではない

太めのJ数・低めのインセットで攻める

ディスクの裏側、見えないインナーリムが深くても意味ない。

スペーサーではなくインセット計算でツラを出す

インセット計算のみでぎりぎりを狙う

あとからスペーサーを足す、というやり方だとリム的には損。

2ピースでインセットにこだわるほうが有利

アクスルのオーダーインセットでリムを稼ぐ

  • 佐藤

    たとえば上写真の30プリウスは、リア9J+26(19インチ)を履いています。これは「プリウスには本来無理のあるサイズ」。普通は8Jぐらいです。

  • イルミ

    ディープリムのために攻めた結果ですね?

  • 佐藤

    オーナーの希望が深リムだったので冒険しました。

  • イルミ

    ハミ出なくて良かったですね〜。

  • 佐藤

    ところがハミ出るんですよ、普通に履くと。

  • イルミ

    どういう意味ですか? ツライチになってるじゃないですか?

  • 佐藤

    J-LINEリアアクスルのオーダーオフセットで、マイナス9ミリ内側にホイールが入り込んでいるんです。純正アクスルだったら、9ミリぶんハミ出てしまいます。

  • イルミ

    ええ、そんなのアリ!?

  • 佐藤

    この方法だとそもそもハブの位置がノーマルより9ミリ奥にいる、ということなので、ノーマルアクスルでは履けない深リムが履ける。9J自体は純正アクスルでも履けますが、このインセットは無謀です。

  • イルミ

    深リムを履くために、オーダーのアクスルに交換とは…恐るべし。

ディープリムにするための秘訣はまだまだあります。次ページにつづく

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP