• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

史上最速!? 50プリウスの殻割り方法を完全公開

50プリウスの新車紹介記事は山ほどありますが、DIYラボのスクープはおそらく史上最速であろう「ヘッドライトの殻割り方法」についてです

50プリウスのライトは熱分解で開くと判明

攻め方については他車種でも似たようなもの。熱分解(熱で殻割り)できる車種なら参考になりますよ〜

50プリウス 殻割り方法

まずネジ類を外す

50プリウスの場合、
シーリングに噛んでいるようなネジがなかったので……

森田

熱をかける前、
さきにすべてのネジを外してしまってOKです。

ほとんどのネジは普通のドライバーで外せる

ただし1本だけトルクスネジ(ネジの頭が六角の星型)が使われている。

ここだけはトルクスレンチが必要

コレ!

レンズ面を保護する

森田

殻割り作業中の傷つき防止は必須です。

レンズ面を養生テープで保護する

労を惜しまず、レンズ全面を覆う。

殻割り時の攻め方

球屋の殻割りは段ボール等は使わない。使うのはヒートガン。直接レンズとハウジング境界のシーリングを温める方法だ。レンズ面に熱を加えずに済むのが最大のメリット。
森田

しかしドライヤーよりパワーがあるので、一カ所に熱を加えすぎるとかえってレンズを溶かすリスクがあります。

ヒートガンを使用した殻割りのより詳しい注意点は、「ヘッドライトの殻割り方法」を参照。

ヒートガンはホームセンター等でも手に入る。ドライヤーとの違いは、何と言ってもパワー。至近距離だとレンズを溶かすほどの熱が出る。

ココで先に殻割り後のハウジングに注目。シーリングを温めながらレンズを浮かせていく流れがわかる!

まずはグリル側から攻め。その後は以下の順で熱をかけつつツメを外していくとスムーズでした。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP