• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

電源取り出しコラム


ポジションランプからの電源取り出しは、何アンペア位までに押さえるべきか?

ポジションランプ配線からの電源取り出し例

ポジションランプ(スモールランプ)の配線からの電源取り出しの話。スモール連動は、DIYでもニーズが高い電源取り出し先だ。そして気になるのはやはり「何アンペア取り出していいのか?」。まずはポジションランプの消費電力から逆算してみよう。

ポジションランプの消費電力から逆算してみる

ポジションランプ(スモールランプ)の配線から、LEDなどの電源を取るのは、DIYで定番的に行われる手法ですが……

イルミ

DIYラボ レポーター:イルミちゃん

ココから無限に電源を取れるわけではないので、どの程度までなら大丈夫なのか、目安の解説をします

藤本

アドバイザー:DIYライフ 藤本研究員


これ(↓)で、ポジションランプのアンペアが出ます

藤本

アンペア数の計算方法

消費電力÷電圧=電流(アンペア)

5W÷12V=0.41A(アンペア)
8W÷12V=0.66A(アンペア)
  • 藤本

    ということになります。

  • イルミ

    フムフム、ランプの消費電力を、12で割り算するだけなら簡単かな。

  • 藤本

    そうですよ。車は電圧が12Vと分かっているから、簡単なんですよ。

  • イルミ

    ひとまず、流れている電流の量は分かりました。

  • 藤本

    で、そこから何アンペア位取り出していいのか。これは車種ごとの回路設計にもよるので一概には言えないものの、実際に流れている電気の量の3倍程度までは、問題なく流せると想定できます。

  • イルミ

    純正配線のマージンの話は、前回のヒューズからの電源取り出しでも出てましたね。

    「車のヒューズから取れる電源容量。限界は何アンペア?」参照。

  • 藤本

    この考え方でいくと、1アンペア程度の電源を取っても、全然問題はないのは分かりますよね。実際的なところで言えば、2アンペア程度までは問題ないと思います。

  • イルミ

    なるほど、なるほど。

  • 藤本

    ただ、取り出し電源量が3アンペア近くにもなると、ポジションランプのヒューズが飛ぶといったリスクが出てきますね。

ヒューズから逆算するのは、意外と難しい?

3アンペア以上欲しいならバッテリーから直接取るべき

DIY Laboアドバイザー:藤本壮啓
某カー用品メーカーに長年勤務し、車業界にDIYを広めた伝説の広報マン。現在は独立して、DIY用品を扱うセレクトショップ「DIYライフ」を設立。単なる製品の宣伝トークではない、DIYユーザー側に立ったアドバイスが持ち味。通称「フジモン」。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP