• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

光モノと車検

車検に通るフォグランプの条件

白点灯

車検に通るフォグランプの条件をまとめてみた。まずはドレスアップ的に気にする人が多い「ケルビン数」。これは明確な定めはないが、白色範囲の目安としては7000ケルビンを超えない程度。なおヘッドライトと違って黄色もOKだ。またバルブ交換ではなく、フォグ自体を後付けする場合は車検に通すための条件が増えるので注意が必要。

フォグランプは白または黄色ならOK

ケルビン数の上限目安は?

ケルビン数が上がるほど白から青に近づく

ケルビンの変化を示した表

フォグランプの明るさに規定はあるの?

取り付け位置のルールもある

フォグランプ灯体

フォグランプの取り付け位置の規定

H17年12月31日以前の車
●フォグランプ照明部の中心が、ロービーム照明部の中心以下(つまりフォグがロービームより外側にあってはいけない)

H18年1月1日以降の車
●フォグランプ照明部の上フチ(上端)が800ミリ以下の高さで、なおかつロービームの上フチを超えないこと
●下フチ(下端)の高さが250ミリ以上
●最も外側のフチが、車体の最外側から400ミリ以内
  • イルミ

    フォグランプの位置が低すぎたり、内側により過ぎたりするとダメなんですね〜。

  • 市川

    よく聞く例だと、エアロパーツに付いていたフォグランプが、ローダウンによって下限を割り込んで車検に通らなくなるケースなどがありますね。

  • イルミ

    そっか。
    ローダウンの影響も出てくるのか。

  • 市川

    あとはオーバーフェンダーにしたことで、フォグランプの位置が外側から400ミリ以内に収まらない、というケースもあり得ます。

  • イルミ

    フォグ自体の位置は変わっていなくても、NGに変わる可能性があるわけですねぇ。

  • 市川

    四駆系でよくある話ですね。

フォグ自体の後付けは点灯タイミングに注意

フォグ点灯時はスモールも点灯していないとダメ

フォグとスモールが同時点灯している正しい状態

DIY Laboアドバイザー:市川哲弘
LEDやHIDバルブでお馴染みのIPF(http://www.ipf.co.jp/)企画開発部に所属し、バルブ博士と言ってもいいほど自動車の電球に詳しい。法規や車検についても明るく、アフターパーツマーケットにとって重要な話を語ってくれる。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP