• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

カーラッピングにDIYで挑戦! これならできそう入門編

カーラッピングは車にフィルムを貼ってカラーチェンジするドレスアップ。塗装と違って後から剥がせるので、車を手放すときには元に戻せるのが大きな利点。部分的な色分けやカーボン調なら、DIYでも十分施工は可能だ。

  • イルミ

    塗装と違って後戻りできるカーラッピングは今人気のドレスアップですが、DIYでやるには難易度が高そうなイメージですよね。

    ●レポーター:イルミちゃん

  • トライ

    確かにいきなりフロントバンパーとかに貼ろうとすると難しいですよね。プロの業者の人みたいに2人がかりでやる、というのもDIYだと難しいし。

    ●アドバイザー:トライ研究員

  • イルミ

    う〜ん……確かに。
    ひとりでやると、空気が入ってシワになりそう。

  • トライ

    でもちょっとした小物パーツの色替えぐらいだったら、ひとりでのDIY作業でもイメチェンできますよ。

  • イルミ

    小物パーツってたとえば?

  • トライ

    平べったいものなら特に難易度が低いので、今回は20ヴェルファイアのテーブルを素材として用意しました。

3Mのシルバーカーボン調フィルムを用意

トライ研究員が以前に愛車ヴェルファイアのフロントバンパー用に購入したもの。150センチ×数メーター分大人買いしたもの。

カーラッピングのやり方

イルミ

20ヴェルファイアのテーブルをシルバーカーボン調にします!

貼り付け面を脱脂

後からフィルムが剥がれないようにするために、汚れや油分をしっかり落とす。

トライパーツクリーナーだと洗浄作用が強すぎて表面を溶かしたりするので、脱脂だけが目的ならシリコンオフを使うのがベストです。

シートの切り出し

ラッピングフィルムは高級だから必要量ギリギリで切り出したくなるが、マージンがないと失敗しやすい。余裕を持って大きめに切りだそう。

トライ

後ろ側に巻き込むとき、マージンが少ないと手で引っ張りにくいというデメリットもあります。

リケイ紙を剥がす

フィルム裏面のリケイ紙を剥がして粘着面を露出させるが、全部剥がさずに端のほうだけ剥がして貼るのが安全。

スマホの液晶フィルムを貼るときと同じようなイメージで、まずはテーブルの端のほうだけ粘着面に貼り付ける。

トライ

一気にペタっと貼るよりも、端から徐々に貼っていくほうが安全です。

フィルムを貼り進める

ヘラで空気を押し出しながら少しずつ貼っていく。フィルムを持っている手を高めにして、フィルムを垂直に近い角度にするのがコツ。

トライ

ヘラはエッジが効いているとフィルムを傷付ける恐れがあるので、ペーパーヤスリ等で丸く削っておくといいです。

トライ

フィルムを寝かせた角度で持っていると、まだヘラで押していないところがうっかり着地したりしてミスのもと。

これはダメパターン

手で貼るというより、ヘラで「ググッ」と空気を押し出していくことに専念。そうするとリケイ紙も必然的に剥がれていく。手で引っ張ったりもせず、押し出すことで進んでいく。

ググッ

イルミ

まずはオモテ面にフィルムを貼り終えました。平べったいからここまでは難易度「低」ですね。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP