• トップページ
  • DIYレシピ
  • LED自作
  • コラム
  • 基礎知識まとめ
  • 足まわり
  • ヘッドライト
  • 連載記事
  • DIYラボ別館

基礎知識まとめ

電装DIYのきほん

シガーソケットからプラグで電源を取り出す方法と、そのメリット

シガーソケット

シガーソケットからプラグを使って電源を取り出す方法。例えばLEDなど、配線の先がプラグ形状になっていない電装品の電源を、最も手軽に取るやり方だ。当然シガー周辺の配線が見えるが『コードが見えても、別にいい。とにかく楽に電源を取りたい』用途に。

シガーソケットから、配線として電源を取りたい場合

プラグを使った配線図はこんなイメージです

イルミ
電源プラグと汎用LEDのリアル配線

写真のプラグは、エーモンのプラグ 細線タイプを使用。配線が0.2スケアの細線になっているのが特長。

運転席と助手席にLEDフットライトを付けたいなら、こんなイメージ

中塚
電源プラグとLEDフットライト2席分のリアル配線

エーモンのプラス・マイナス分岐ターミナルで分岐した例。

プラグの種類と使い分け

エーモン工業 中塚雅彦

DIY Laboアドバイザー:中塚雅彦
カーDIY用品メーカー・エーモン広報担当で、エーモンの顔と言える人物。端子や配線コードの仕様など細かいところまで深い知識を持っているので、DIYラボでは「電装DIYのきほん」に関する記事を担当。中塚ハカセ、とも呼ばれている。

クルマ好きの週末自作を応援する「DIYラボ」

PAGE TOP